• ママと赤ちゃんの笑顔を守るために

講座主催者様の声

2016年2月掲載

 

毎年、あからぼへ講座の依頼をくださる K 様に、お話を伺い

ました。

都内某区の子育て支援施設ご勤務「0、1、2歳の親子広場」で

見守り、育児相談、講座の企画などをのお仕事をされています。
2013年より赤ちゃんの眠りに関する講座を毎年主催して

くださり、3回で述べ150組以上の方がご参加下さっています。 

 (土日開催時には、パパ参加も5組いただいてます。)


「現場で一番多い相談は?」

Q1、あからぼ講座、依頼のきっかけをお伺いしました。

  • 『食事』と『睡眠』

現場で一番多い相談は、「食事」「睡眠」です。

食は直に命につながりますし、睡眠も赤ちゃんの成長やママの心のゆとりに繋 がっています。

サロンに来て遊ぶだけでも、普段よりよく寝てくれる! という赤ちゃんもいますが、寝不足が続き広場で、

授乳室で、 ウトウトしているママの姿を見るたび、いつも 「ママを寝かせてあげたい!」

「休ませてあげたい!」 と思っていました。

何か少しでも助けになるものはないか、と立ち寄った本屋さんで

「赤ちゃんに もママにも優しい安眠ガイド」を見つけて...もう即、電話しましたね! 

「がんばってるママ達を寝かせてあげたい!」

Q2、毎年呼んでくださる理由は?

  • 『ママ達が困っている』

施設の都合上、年に一度の開催なのですが講座終了後は いつもすぐに「次はいつですか?」

とお問い合わせいただいきます。

この講座のために、区内でも遠方から施設に登録しに来て ご参加くださる方も多いんです。

それほどまでに、「ママ達が困ってる」のだと思いました。

わたし自身もそうだったのですが、地域の特性上、地方出身の方が多く、頼 れる実家などが

近くにない方が多いのです。

「がんばってるママ達を寝かせてあげたい!」と言う気持ちが、 すごくあります。

講座に参加することで、自分だけじゃないんだ、と分かると 救いにもなるようです。

家から出られないでいる方の「外出のきっかけ」にも なっているようですし、講座から繋がりを

作っていけることもあります。 

「実践して、よく寝てくれるようになりました」と言う声も!

Q3、受講してくださった方、その後の変化をお感じになれられますか?

  • 『笑顔で過ごすことが大事』

「実践して、よく寝てくれるようになりました」と言う声も

「赤ちゃんの眠りってこういうもの」とわかったことで、気持ちが楽になりました、 という声もあります。

講座内でもありますが、その子に合う、合わない、もありますし ママもそれぞれ、がんばり方、

持っていき方もそれぞれです。

悩んでいるそれがすべてではない、『笑顔で過ごすことが大事』それに気づい てくれると、

よかったと思います。すると、全てが晴れてくるのか表情が違ってきますね。  

「産む前に聴いておきたかった!」

Q4、講座についてのご要望は、ありますか?

  • 『母親学級の頃に』

ママからの要望で多いのは、出産前に聞いておきたかった! というものですね。

「生活リズム」や「睡眠環境」への取組を もっと早くに始めたかった、と言われます。

マタニティ時期だと、ママの心のゆとりも、情報の入り方も、 違うと思うんですね。

環境を変えるって、赤ちゃんが生まれてからでは大変ですから、母親学級の頃からお知らせできたら

という思いです。 

このインタビュー後、2016年度の講座で通常の赤ちゃん向けに加え

「妊婦さん向けの講座を実際に、企画してくださいました!」

2016年度、なんと3回も妊婦向け講座を企画してくださっています、ありがとうございます!!!

K 様には、貴重なお時間と機会をいただきあました。ありがとうございます。

温かく柔らかな笑顔で、お話し中もずっとニコニコ^^

佇まいからも その優しいお人柄が伝わってくる、とても素敵な方でした。

そして、赤ちゃんとママに笑顔で過ごしてほしい(守りたい)という、熱い想いをお持ちでいらっしゃる

と感じました。

それは、わたしたちあからぼも同じ。

こういった想いを持った方々と繋がり、育み、それをわたしたちの活動を通じて、ひとりでも多くの

ママと赤ちゃんの笑顔に繋げていきたいと思いました。

事務局 小関 明子 

ページ先頭へ